忍者ブログ

★次回出演情報★ gekiGeki 1st『LARPs』

★出演いたします★



gekiGeki 1st

『LARPs』
ライブアクションロールプレイングー。
通称『LARPs(ラープス)』は、
参加者が実際に主人公になりきって遊ぶ
体感型アドベンチャーゲーム。

過去のトラウマから空想嫌いになった青年は、
失踪した上司の行方を求めるうちに
LARPsに参加する事になってしまう。
そこには勇者や戦士、妖精や魔物など、
ファンタジー世界の住人になりきって
本気で遊ぶプレイヤーたちの姿が!!!

いや、サムいー。あんた達サム過ぎるよー。

ドン引きしてしまった青年は、
無事に上司を見つけ出す事が出来るのか!
プレイヤー達は彼の心を開く事が出来るのか!

…しかし、そんなLARPsには青年の過去を巻き込む
とんでもない秘密が隠されていてー。

『本気』を忘れた大人たちへゲキゲキが贈るー、
笑って泣けて、未来に勇気みなぎる冒険ファンタジー!


【公演日・開演時間】

2017年
5月24日(水) 19:00☆
5月25日(木) 19:00
5月26日(金) 13:00☆/19:00
5月27日(土) 12:00/18:00☆
5月28日(日) 11:00/16:00
☆…アフターイベントあり

*開場時間は開演の30分前です。
​*受付は開場時間と同時に開始します。

【チケット料金】

<前売券>
 一般 3,500円
 U-22  2,500円

<事前決済割>
 一般 3,300円
 U-22  2,300円​
◯事前決済(E+・カンフェティ・演劇パス)でご購入のお客様に限り。

<初日割>
 2,000円​
◯初日公演(5/24 19:00〜のみ)に限り。
◯すべてのお客様一律の料金です。
◯高校生以下の方は高校生以下料金が適用されます。

<高校生以下>
 1,000円
◯当日清算券(corich)のみでの取り扱いになります。
◯当日、受付にて「学生証」または「年齢の確認できるもの」の提示が必須となります。

*当日券は各+500円
*『U-22』『高校生以下』のチケットでご入場のお客さまは当日、
 受付にて「学生証」または「年齢の確認できるもの」の提示が必須となります。

【会場】

インディペンデントシアター 2nd
〒556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22
     
●大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)5分
●大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町駅」が最寄駅です。北側の改札を出て右手の1A出口をご利用下さい。

【特設サイト】

https://www.geki-geki.com/larps-site


★チケット販売中★

ご予約はこちら
◎CoRich前田郁恵専用予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/81000/iku/

◎事前決済割適用はこちら!
⭐️当日受付にて「前田郁恵のチケットで」とお申し付け下さい。
<イープラス>
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002217158P0030001
<カンフェティ>
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38083&
<演劇パス>
http://engeki.jp/pass/events/detail/202


皆様ぜひぜひ観に来てくださいねヽ(=´▽`=)ノ
PR

朝、早く目が覚めたので。

みなさんお久しぶりです。大変ご無沙汰しております。前田郁恵です。
ふと気が向いたときに更新する。そんなブログです。
「気がこっちに向いたら」のレベルがけっこう高いです(笑)。

なんとなく、思い立ったのでここ数年で自分が演じた役を
ずらっと並べてみることにします。



①花岡加恵(監獄楼句-カンゴクロック-)



マッドサイエンティスト・青州先生の嫁。
この新人公演へ参加させてもらい、そこからZTONへの入団が決まったのでした。

ギャグネタのセンスがない私に諸先輩方がいろいろアドバイスをくれました。
ぶっ飛んでました。
あと、ACTで菅さんと対の動きをするので二人でよく練習した思い出。
思えば何かと芝居で英人さんと絡むのはここからはじまってる。歴史だ。
楽しかったです。


②劉弁(覇道ナクシテ、泰平ヲミル【偽王劉備編・蝕王曹操編】)



入団後初ZTONで、大阪公演で、ヒロインをやらせてもらうということで
非常にガクブルしていた記憶があります。
でもそんな私と一緒に芝居を作り上げてくれた
土肥さん、為房さん、大橋さん…大先輩たちには頭が上がりません。もちろん演出河瀬さんも。
楽しかったです。


③ラメド・バルジ(オルタソフィア -憂国の革命因子-)



ZTON初殺陣!!をやった子でした。
レイピアっていう武器を使い、突きを主とした立ち回りだったのですが、
突きって意外に綺麗に見せるのむずかしいんだな、って思いました。
斬るのは型が綺麗に見えれば(たぶん)かっこよく見えるんですけど、
突くとなるとひとつ前の動作でしっかり引いておかないと突いた時にちゃんと「突きだ」って見えないんですって。
そんな殺陣のダメ出しの思い出です。
あとはすてらさんとたくさんバチバチしました。(笑)
クライマックスシーンで下手の端っこのほうで私がやっていた芝居に気づいた人は、どれだけいるだろうか。(舞台のお芝居ってそういうのありますよね。役者の小さなこだわり。)
楽しかったなあ。


④渡辺ツナ(月黄泉ノ唄)

 

これはね。あの非常に暴力的なツナが出来上がったときのことはよく覚えてます。
詳しくは語りませんがなぜか稽古場に蜜さんがいらっしゃってて、
爆笑していたのを覚えてます。(笑)
ある役者さんをイメージして演じたらああなりました、と。
怒濤の殺陣と、あの熱量とで、終わった後はだいたい酸欠でした。
役作り、芝居、殺陣。たくさんの方面で悩んだ作品。
でも楽しかった。


⑤司馬イザベラ(暁!!三國学園)



蓋を開けてみれば一番好きかもしれない。
いいよねイザベラ。
ある意味独壇場で一人で空気をつくらなきゃ、と気負いながらやってました。(これがのちに繋がる…)
騎馬戦、ダンス…本当に文化祭みたいで楽しかった!
白ニーハイ履きたいって言い出したのは私です。ごめんなさい。
とにかく楽しかったです。


⑥常磐(月に叢雲、花に風)



THE妖怪。テーマは妖怪。
恋に盲目な女性で、それが行き過ぎて、私念もあって、
ちょっとおかしな方向にねじまがってしまう。そういう一途な人。タ●リ神。
個人的な思い出としては舞台上の移動パネルに四苦八苦してました。
めっちゃ動くシーンにめっちゃ入ってたので。裏に。
客席から見たかったなあ。
やってて楽しかったけど。


⑦荀彧&水龍(覇道ナクシテ、泰平ヲミル【偽蝕劉曹編・真王孫権編】)

 

楽しかった。けど、難産でもあった。
人外って、人と考えてることが違うから、いくら考えても答えがでなくて。
そら当たり前なんですが。
イザベラが一人で気負っていたせいか、ここで「人と芝居を作る」ということを
改めて考えさせられました。
夏侯のみんなでたくさん話しました。
今思えば、夏侯以外の人ともそれくらい濃いお話をしたらよかったなと思いつつ。
たくさん、たくさん考えました。結果、お客様の目に映ったものがすべてですが…
私としては、あの時出せるものは全部出しきりました。カラカラ。
終わってみたら、楽しかった。





ZTONでの役ラインナップでした。
書いてたら長くなっちゃった。
覚書のようなものなので、「こんな役やってたな」というふうに
思い出すくらいに読んでいただければと思います。

今、短い充電期間に入っていますが…
ちょっとずつ、カラカラだったスポンジがまた膨らみ始めています。
もっともっとたくさんのものを吸収してスポンジから滴るくらい大きくなって
限界突破したい!!
今年もまた笑顔で皆さんの前に立てるように願っています!


おはようございます。
良い一日を!!(笑)


前田郁恵

失踪したと思った?残念!生きてました!

みなさんこんにちはこんばんは。
前田郁恵です。

もう2015年もあと3ヶ月で終わりますね。
2014年の振り返りをしていたのが昨日のことのようです!


…お久しぶりでございます。えへ。


司馬イザベラです。でした!



昔からほんとに気分屋で、いろんなことに手を出してみるものの、
ほとんどの場合長続きしなくて、ちょっとかじってみて終わることが多い私です。

そう考えると、もういよいよまもなく、演劇を初めてから10年を向かえるわけなので、
よく続けられたなあと自分を褒めてやりたい気持ちと、
続けてきてよかったなあという安堵や感謝の気持ちが湧いてきますね。
演劇におけるすべての出逢いに、ありがとうです。

…なんかそれっぽいことを言っておきました!





さて、次回出演情報としてTOPに劇団ZTONの次の舞台、『月に叢雲、花に風』を載せさせていただきました!
3年の月日を越えて、満を持した再演となります。



源氏と平家。源平合戦。
皆さんはお詳しいでしょうか。

私はお恥ずかしながらぜんぜん詳しくなくって、
初めてZTONを観たお芝居でもあるのに、あの時の為房さんと土肥さんって結局どっちがどっちだったんですか?レベルで源氏と平家はちんぷんかんぷんでした。

でもあれなんです!
ひとつ言い訳すると、私の中の源氏のイメージは「赤」で、平家のイメージが「白」なんですけど、ZTONの源氏と平家は逆なんですよ!源氏が「白」で平家が「赤」なんですよ!!
それで余計混乱したんです!!信じてください!!!義朝って誰?とか思ってないです!!!!!!

歴史は家系図を理解すると流れが理解できることが多い気がします。
当たり前なんですけど、歴史の流れって、各家の家系の流れでもあるんですよね。
源義朝(よしとも)が父親と対立して倒す、義朝の息子である源義経(よしつね)が打倒平家に立ち上がり滅ぼす、義経は兄の源頼朝(よりとも)に追い詰められて自害、等々……。

源氏にも流れがあって、当然平家にも流れがある。
それらがいろんなところで重なりあって、歴史が作られる。

今回はなんだか改めて、「歴史」をひしひしと感じています。
一度観たことのある作品を中から作る立場になった、というのもあるのでしょうが、
登場人物の人物背景、境遇、性格なんかを調べてから見るとやっぱり実際に生きていた(と言われている)人間なのだから、そこには必ず深いものがあるのだと、当たり前のことを感じながら最近は稽古をしています。

中学高校の歴史の勉強も、物語を読むように「この人物はどう生きて、どう考えたのだろう」と楽しんでできたらよかったのになあと、今になって思っています(笑)

舞台を観てくださる方々にも、
「どうしてこう考えたのだろう」「どうしてこう選択したのだろう」
と考えながら、人の生きた流れを一緒に体感してもらいたいです。

と、マジメに書いてみましたが、『月に叢雲、花に風』ぜひお楽しみに!
いつもどおり、殺陣もあればACT(アニメのOPのようなイメージシーン)もあるしということで、「通常運転」のZTONに乞うご期待!!


2014年を振り返る

皆様こんばんは。
前田郁恵です。
年の瀬、もう2014年も終わりますね!
今年を振り返ると……激動の一年でした。


年のはじめに京都に引っ越してきて、
劇団ZTONの新人公演『監獄楼句』に出演し、
そこから劇団ZTONに入団することになり、
劇団でのお仕事もいただきながら日々を過ごして、
『覇道ナクシテ、泰平ヲミル』でまさかの劉弁を演じさせていただき、
男の浪漫さんの演劇企画に参加させていただき……。


今思うと、たくさんのいろんな出逢いがあったなと思います!


団体や人、そして役者として、素敵な役に出会うことができました。


覇道泰平。

劉弁のことを最後の最後にわかってあげられたかどうか?
そこに明確な私の答えを出すことはできないけれど、
劉弁なりに、ちゃんと見つけた道を歩んでいったと思うのです。

彼女の人生がこれからどうなるのか、
私には予想はつきませんが
また会いたいな……と思える数少ない1人でした。


……なんて、公演が終わったあとではなく、今書いてみるのです。

年の瀬だから思い出にふけってみてもいいよね!


劉弁という役もそうですが、
何より私という個人に出会ってくださった皆様にも感謝したいです。

ありがとうございます!!

とてもとてもお世話になった方ばかりです。
今年だけではなく、来年も素敵に関わっていけたらなと思います。



さあ来年、劇団ZTONは3月に本公演です!!

そしてまた飛躍の一年になると信じています!!

また情報は随時更新されていくかと思いますが、
素敵な予定がたくさんですよ!
いまからわくわくしてます!

劇団としても
役者としても
実りある一年にしたいです。

「後悔しない行き方をする2015年」

そんな抱負をもって2015年を過ごします!!

来年もよろしくお願いします!!!


前田郁恵




切りすぎた前髪とメロンパン

皆さんこんばんは!
前田郁恵です。

先日、前髪を切ったんですよ。自分で。

そしたら切り過ぎちゃいました!!わーい!

でもぱっつん前髪はけっこう好きなので気に入ってます。ちんちくりんに見えるけど!

前髪は自分で切ることが多いんですが、
後ろの髪は伸ばしたまま放置されっぱなしなので、なかなか美容院に行く機会がなくて。
そろそろイメチェンしたい欲求が爆発しそうです(^O^)笑

髪型で気分を変えまくる系女子でして、
髪染めたり、ロングからいきなりショートカットにしたり、ベリーショートにしてみたりと、
わりと落ち着きのない髪型を昔はしていたんですね〜







なので、実は今の髪の長さはここ数年で記録更新中だったり…黒髪ってのも珍しい!

でもZTONにいると公演だったりイベントだったりで髪の毛結ぶし茶髪はそぐわないしで、
もう髪を染める機会なんてのもないのかなあと思ってます。

…ちょっと心惜しいけど…(笑)

隙を見てちゃっかり染めたり切ったりするかもですが、
もしそんな前田を見たら「あ、欲望に負けたんだな」と思ってあげてくださいヽ(=´▽`=)ノ

髪は女の命〜!!


前田郁恵

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:
前田郁恵
性別:
女性
誕生日:
4月12日
趣味:
芝居、動画鑑賞、ごはん
自己紹介:

京都・大阪を中心に
活動している
劇団ZTONの女優、
前田郁恵です!

汗をかいて
動きまわることが好き!
ネットで動画を
見ることが好き!
ダンスするのが好き!
食べることが好き!

そんな人間です。

リンク

Twitter